#Journal  12 April 2019

健康的な素肌を保つ習慣

肌は内臓の鏡。 あなたの今のお肌は、考えている以上にあなたが食べたものや毎日の習慣を表わしています。 ハリのある透明な美肌を実現するために意識することは・・・

水分をしっかり摂る

十分に水分を摂れていない場合は、お肌にも問題がある可能性が大です。 水はただ水分を補給する働きだけではなく、老廃物を運び出して新陳代謝を促進します。 また、いろいろな栄養の吸収を助け、その栄養や酸素を細胞のすみずみまで運んでくれます。 肌を明るく保ち、輝きのあるツヤ肌を達成するためには水分は欠かせません。 1日に最低コップ8杯分の水分を摂るよう心がけましょう。

食生活を見直す

食はあなたを映す、という言葉は真実です。 厳格に食事を管理する必要はありませんが、たくさんの果物や野菜を含んだバランス良い食事を心がけることが、輝く肌への第一歩。肌の炎症やニキビにもつながりやすい砂糖の摂取はなるべく避けましょう。 また、利尿作用があり、体や皮膚から水分を奪いやすいアルコールやカフェインも避けた方が良いでしょう。

睡眠をしっかり取る

睡眠不足の人が、ダルそうに見えたり老けて見えたりした経験はありませんか。 肌の細胞は睡眠中に細胞分裂を行い再生するため、十分な睡眠が健やかで美しい肌に欠かせないことが大きな原因です。 また不規則な生活を続けると、生体リズムが乱れ、免疫力の低下や自律神経の乱れなどにつながり、肌にもさまざまなトラブルを生じてしまいます。 健康的な美肌を保つために、最低でも7時間の睡眠を心がけましょう。

毎日メイクを落とす

疲れてお家に帰ってきて、ついうっかり化粧も落とさずに寝ちゃう。。そんな経験ありませんか? でも、どんなに疲れていても最低限メイクだけは落としてください。 お化粧して一日経つと、お肌にはたくさんの汚れが溜まっています。 特にファンデーションは肌との密着度が高く、油性成分や顔料が多く使われています。そのファンデを落とさずに放置してしまうと、汗や皮脂などと混ざって微生物や細菌の温床になる可能性だってあるんです。

紫外線から肌を守る

日焼けしすぎると肌が老けるのをご存知ですか? 一時的には日焼けが健康的に映るかもしれませんが、肌老化の約7割は紫外線の肌に対する影響を何らか受けていると言われます。皮膚の炎症やシミの発生、コラーゲンの減少やエラスチンの破壊などによるハリ・弾力の低下、シワなどの要因となっています。

お肌の老化を防ぐためには、日焼け止めがスキンケアルーチンにおいて重要なステップです。 晴れの日を100%とした時、曇りの日は50〜60%、雨の日でも約30%程度の紫外線が降り注いでいるため、天候にかかわらずSPFを適用する必要があるのです。

最近では、さまざまな肌タイプに対応するSPFオプションがたくさんあります。専用の日焼け止めを使用することもできますし、高いSPF値を持つBBクリームを使用することもできます。適切にお肌を守るためには、少なくともSPF30以上を使用することをオススメします。